2017年 後継者問題に関する企業の実態調査

帝国データバンクは「2017年 後継者問題に関する企業の実態調査」を11月28日公開しました。

2017年 後継者問題に関する企業の実態調査 | 株式会社 帝国データバンク[TDB]
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p171108.html

調査結果の概要は以下の通りです。

詳細は帝国データバンクのページからPDFをご参照ください。

  1. 国内企業の3分の2にあたる66.5%が後継者不在で、前回調査から0.4pt高い
  2. 社長年齢別では「50歳代」以上の全ての年代で後継者不在率が低下。「60歳代」では、前年比1.2pt、60歳以上の高齢社長では同1.3pt低下した
  3. 地域別では、「北海道」の不在率が74.0%と最も高く、「近畿」「中国」を除く7地域で前年を上回った
  4. 後継者候補は40.5%が「子供」、31.4%が「非同族」。「配偶者」は一貫して減少
  5. 同族継承企業では、66.9%が後継者不在。後継者候補が「非同族」である企業は、3.7%にとどまる