求人票の記載内容と実際の労働条件の相違

厚生労働省は7月7日、「平成28年度のハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数」を公開しました。

平成28年度のハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数を公表します |報道発表資料|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000170422.html

平成28年度の件数は9,299件。これは、前年度の10,937件に比べ、15.0%減少しています。

申出の内容に関しては、

  1. 「賃金に関すること」2,636件(28%)
  2. 「就業時間に関すること」1,921件(21%)
  3. 「職種・仕事の内容に関すること」1,311件(14%)

が上位3つとなっており、申出等のうち、「 求人票の内容が実際と異なる」件数は3,608件(39%)でした。

ところで、このような求人票の記載内容と実際の労働条件が違うことは法的にどうなのでしょうか。

続きを読むにはログインしてください。
ログインIDは顧問契約、またはSRSパッケージ契約をしていただいているお客様に発行しております。
顧問契約に関してはこちらのページをご参照ください。