「人手不足等への対応に関する調査」集計結果

日本商工会議所が「人手不足等への対応に関する調査」を実施し、7月3日に調査結果を公表しました。

「人手不足等への対応に関する調査」集計結果について – 日本商工会議所
http://www.jcci.or.jp/cat298/2017/0703130000.html

調査結果では、人員の過不足状況について、全体の6割以上の企業で「不足している」と回答しており、昨年度調査と比較して5ポイント不足の割合が上昇しました。業種別に見ると「宿泊・飲食業」「運輸業」「建設業」で人手不足感が強い結果となりました。

詳細は、日本商工会議所のホームページからPDFをご覧ください。