70歳までの就業機会確保の概要案

2019年5月15日に行なわれた第27回未来投資会議において、70歳までの就業機会確保に関する具体的内容が示されました。

主なポイント

  • 70歳までの就業確保に関しては、65歳までと異なり、それぞれの高齢者の特性に応じて、とりうる選択肢を広げる必要がある。
  • このため、多様な選択肢をとれるようにする
  • 選択肢のイメージ
    • 定年廃止
    • 70歳までの定年延長
    • 継続雇用制度導入
    • 他の企業への再就職の実現
    • 個人とのフリーランス契約への資金提供
    • 個人の起業支援
    • 個人の社会貢献活動参加への資金提供
  • 法制化に関しては2段階に分ける。
  • 第1段階では努力規定、第2段階では義務化。
  • 義務化の際は適用除外規定に関しても検討する
  • 現行の65歳までの法制度は改正しない
  • 年金支給開始年齢の引上げは行なわない