28

60時間超の時間外労働割増率

2010年4月1日の労働基準法改正において、1か月で60時間をこえる法定時間外労働に対しては、50%以上の率で計算した割増賃金の支払いが義務づけされました。 しかし、中小企業に関しては現在適用が猶予されている状況です。 […]