令和二年度 最低賃金

2020年8月21日(金)、厚生労働省は全ての都道府県で地域別最低賃金の答申がなされた旨、ホームページで公開しました。

令和2年度最低賃金額答申
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_13061.html

40県で最低賃金を引き上げ、答申での全国加重平均額は902円となり、そのた、ポイントとしては以下の通りです。

  • 最低賃金の引上げを行ったのは40県で、1円~3円の引上げ
    (引上げ額が1円は17県、2円は14県、3円は9県)
  • 改定後の全国加重平均額は902円(昨年度901円)
  • 最高額(1,013円)と最低額(792円)の金額差は、221円(昨年度は223円)
  • 最高額に対する最低額の比率は、78.2%(昨年度は78.0%)

主な都道府県の答申状況

  • 東京都…1013円(据置き)
  • 滋賀県…868円(+2円)
  • 京都府…909円(据置き)
  • 大阪府…964円(据置き)
  • 兵庫県…900円(+1円)