雇用保険料率の見直し等が盛り込まれた雇用保険法等改正案が国会に提出されました。

職業安定法や職業能力開発促進法等も含まれた一括法案となっていますが、特に注目されるのが、令和4年度の雇用保険料率です。

法案で令和4年度の雇用保険料率は次の様になっています。

雇用保険の失業等給付に係る保険料率(原則0.8%)について、令和4年4月~9月は0.2%、10月~令和5年3月は0.6%とする。

年度の途中で料率が変わるというイレギュラーな取扱となります。毎月の給与計算、及び年度更新では十分ご注意ください。

法案が可決され正式に決定した際には改めてお知らせします。

続きを読むにはログインしてください。ログイン情報は毎月1日発行の顧問様限定メールに記載されております。