知識が事業

成功している企業に共通する要因。

それはたくさんありますが、そのうちの重要な一つに関してドラッカー教授は次の様に書いています。

成功している企業には、常に、少なくとも一つは際立った知識がある。そしてまったく同じ知識をもつ企業は存在しない。

『創造する経営者』p. 145

同じ業種同士の別の企業で同じように見えたとしても、それぞれがもつ知識は別のものです。

どちらかの知識が際立っていて、顧客の満足と価値において意味のあるものであればその企業は大きく発展します。

  • 自社の知識はどのようなものでしょうか。
  • それは際立った知識でしょうか。

では、ここで言う知識とは何でしょうか。ドラッカー教授の言う知識とは次の様なものです。

 

知識は、本の中にある情報とは違うものであり、そのような情報を仕事や成果に結びつける能力です。そして、知識は人間の中にのみ存在します。

「知っている」というだけでは駄目で、その知っていることを仕事で使って顧客の価値につなげる必要があります。

ではどのようにして自社の知識を把握すれば良いのでしょうか。

 

続きを読むにはログインしてください。
ログインIDは顧問契約、またはSRSパッケージ契約をしていただいているお客様に発行しております。
顧問契約に関してはこちらのページをご参照ください。